2017年 08月 20日 ( 1 )

2017年8月20日(日)№396 笹山フライト日誌

 
【笹山RGC Twitter】




8月20日(日)
笹山フライト日誌 №396  (616)


天候:霧のち曇り
気温:20℃
風向:南東~南
風速:3~1m
条件:2.5      (フライト条件の定義)
人数:5名



今日も曇りの予報ですが晴れ間が出るのを期待して行ってみます。

d0145284_21421124.jpg先にS水さんとO川さんが来ていました。







d0145284_21432175.jpg山頂はこのように霧がかかっています。
駐車場所の七重峠にはかかっていなく、山頂部分だけのようです。






d0145284_21434872.jpg飛ばせそうな風は吹いています。
周囲の視界が少し開けてきたのでO川さん飛ばしちゃいます。






d0145284_21442081.jpg






d0145284_21444111.jpgこの後視界はだんだん見通せるようになり、午後遅くには遠方も見えるようになりました。







動画の最後の方はアンジェラ飛行です。



アンジェラ
前回(8/17)重心位置前過ぎたためかなりのアップトリムで不安定な飛行をし、失速スピンに3回入り高度損失。
風弱くサーマル無い状況で高度回復すること無く緊急着陸場行きとなりました。
破損した部分を直し重心位置も前にして再試行です。
ちなみに重心位置前回は前縁から67㎜(メーカー指定は65~68㎜)、今回は後ろにバラスト乗せて(機首部分のはもう取れません)前縁から82㎜


d0145284_1039814.jpg画像は現場で再度重心取り直した後の重心位置70㎜。







1投目、エレベータートリムはニュートラルです。
またいきなり頭下げて急降下。
フルアップで回復させようとしましたが翼端失速してスピン墜落。

横方向に投げてグライドテストをした方が良いとのアドバイスでやって見ましたら、今度は投げた瞬間頭上がって落ちました(この動画は無し)
明らかに前が軽すぎる、前縁から79㎜は後ろ重心過ぎるとわかり今度は前に鉛60g入れてまたグライドテスト(動画)
滑空すること無く手前に落ちましたが、重心は何となく合っているような気がします。

この設定で飛ばしてみました。
エレベーターは後縁で2㎜アップ。
手投げ直後かなり降下しましたが今度は回復しました。
飛行姿勢も良く上手く飛んでいます。
しかしそれでもエレベータートリムはけっこうアップにしました。


d0145284_2146487.jpg着陸後に確認したエレベーターのアップ具合。
約5㎜アップですね。
もう少し前を軽くしても良いかもしれません。

投げた瞬間に頭下げて急降下していったのは重心位置の関係では無く初速が足りなかったのかもしれません。
この機体バラスト積み過ぎて(接着してしまいもう取れない)重量は1.4kgを超えています。
風の強い時に少し下向きに投げないとダメなようです。


着陸の際のバタフライは頭上げ傾向にあります。
と言う事はフラップの下げをもっと大きくしてエルロンの上げを小さくするのか?

















                                                     -終わり-




※笹山山頂は当クラブが山主より有償で許可を得てRCグライダー滑空場として占有しています。
※グライダーの飛行により危険がある事と無人機航空法の規制により関係者以外は立ち入り禁止です。
※無人機航空法に関する当クラブ飛行空域の飛行許可収得済み(東事運 第3332号)






.
by sasayama-rgc | 2017-08-20 21:53 | 笹山フライト日誌 | Trackback | Comments(0)