RCRCMアンジェラ設定数値


[RCRCM Angelaの設定数値] 



[舵角]
エルロン(エルロンのみ)+/-10㎜(翼端基準)
エレベーター(エルロン、フラップ連動)+/-8㎜(エルロン翼端基準)
ラダー:左右20㎜(下端基準)
エレベーターニュートラル:2㎜アップ(エルロン翼端側、フラップも合わせる)
バタフライ:エルロン8㎜アップ(翼端基準)、フラップ25㎜ダウン(胴体側基準)

[重心位置]
前縁から65㎜~68㎜

※サンプル機は重心位置65㎜、エルロンEXPO30%、エレベーターEXPO35%で舵の効きはマイルドにして操縦しているそうです。
※重心位置66㎜の場合は必要なノーズバラストは217g(バッテリーの重さは120g)


d0145284_2010060.jpg(1)ラダーサーボ(ハイテックHS-65MG)は、ロッドがカンザシに干渉しないように横置きにしています。








d0145284_20103155.jpg(2)エルロンサーボ(KST DS125MG)はロッドがヒンジラインに直角になるように取り付けました。
カバーが ロッドに対して少しずれますが、干渉はしません。
















2016年9月 笹山でサンプル機のフライト。











※笹山山頂は当クラブが山主より有償で許可を得てRCグライダー滑空場として占有しています。
※グライダーの飛行により危険がある事と無人機航空法の規制により関係者以外は立ち入り禁止です。
※無人機航空法に関する当クラブ飛行空域の飛行許可収得済み(東事運 第3332号)






.
by sasayama-rgc | 2001-01-09 09:57 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://srgc.exblog.jp/tb/24782130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2017年 第10回笹山競技会... 平成29年2月3日 無人航空機... >>