2009年7月26日(日)№153 笹山フライト日誌

[笹山ホームぺ−ジトップ]


[笹山付近の風予報サイト]




*ちょっと知っておいてほしいこと*

鳥(猛禽)に関する事です。
RCグライダーを趣味にしている私たちは、同じ飛ぶ物として鳥に対しても常に注目しその飛行を目で追っています。
特にタカやトンビ、ハヤブサなどの猛禽類は私たちが飛ばすRCグライダーと同じようにサーマルやスロープリフトを使って羽ばたかずにソアリングしています。
サーマルに乗ってクルクルとセンタリングしながらぐんぐん上昇していく鳥を見ると、さすが上手いな~と思ってしまったりもしますよね。

そんな風にいつも空を仰いで鳥を見入ってしまう私たちですが、RCグライダーをやらない一般の人たちよりはるかに多く鳥と接触する可能性があります。
そしてそのシチュエーションはたぶん傷つき飛べない鳥が必死になって羽を羽ばたきながら逃げ回っている状態ではないでしょうか。

そんな時はどうしますか?

保護してなんとか助けたい。
また飛べるようにしてやりたい。

RCグライダーをやらない人とは違う畏敬の目で鳥を見ている私たちですからこれは当然の思いでしょう。
しかし相手がハトかスズメ程度でしたら何てことは無いのですが、目つきが悪くでかい猛禽だったらチョットひるんでしまいます。
私もこんな時はどのように保護したら良いのか、どこに連絡すればイイのかと悩んでましたら、私と親しくしていただいているハヤブサ飼い(ファルコナー)の方からあるサイトを紹介していただきました。

『JRF(Japan・RAPTOR・Foundation)』

d0145284_2256162.jpg傷ついた野生の猛禽類を保護して治療し、再び自然で生きていけるように活動しているNPO法人です。
このサイトに傷ついた猛禽の正しい保護の仕方とその後の連絡先が書いてあります。
傷ついた猛禽と遭遇する事などめったにありませんが、もしもそんな場面に遭遇した時はあわてない為にぜひともこのサイトを見てください。














7月26日(日)
笹山フライト日誌 №153  (392)

天候:晴れ
気温:29℃
風向:南東~東
風速:4~1m
条件:3        [5段階評価の定義]
人数:9名



d0145284_21441328.jpg
今日は小川七夕祭りのためいつもの道は通行止めです。
仕方ないのでわき道から行きます。


d0145284_21442938.jpg
梅雨が明けてから久しぶりの夏空。
山頂は気持ちの良い風が吹いてます。

d0145284_21444230.jpg



d0145284_21452787.jpg
久しぶりの好天に賑わいを見せる笹山山頂。


浅草のベジタブルy氏が3㍍オーバーの3J機の発航準備をしています。


d0145284_21462979.jpg
そしていよいよ発航。




d0145284_21451595.jpg
ダウンバーストyも手馴れた3カムを準備。

d0145284_2147013.jpg


d0145284_21471395.jpg
夏の風を翼いっぱいに受けて悠々と飛翔していました。


d0145284_21473897.jpg
後半は風がだいぶ落ちてきましたが、そんな時は深谷のKさんの軽量機の出番です。


d0145284_21475137.jpg
この機体でも苦しくなる条件ですので大型高速機はもう出る幕がありません。


d0145284_2148425.jpg
そして峠の駐車場所まで下山した一行。

関東は梅雨が明けたと言われていますが、この後の天気もあまりぱっとしません。
暑いけど心地よい風が吹く笹山の季節が待ちどうしいです。


本日、大宮田んぼのメイyさんが笹山RGCに正式入会となりました。
メイyさんはビジターの中でもダントツ一位の来山回数でしたが、とうとう年貢の納め時と言いますか笹山に骨を埋める気になったようです。
メイyさんこれからのご活躍を期待しています。





                        -終わり-

by sasayama-rgc | 2009-07-26 21:49 | 笹山フライト日誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://srgc.exblog.jp/tb/10031484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2009年8月15日(土)№1... 2009年7月20日(月) フ... >>